クレジットカードのキャッシングサービスはおすすめしない

クレジットカードとは、後払い方式の決済方法を採用したもので、多くの人が利用しているものの一つと言えます。買い物の時の支払いや、光熱費などの利用料金の支払いなど、様々な場面で使用されています。

このクレジットカードには、料金の支払い以外にも様々なサービスが用意されており、その内の一つにキャッシングサービスが挙げられます。コンビニなどのATMを利用することで、お金を借り入れることができるサービスです。

借り入れたお金は、後日登録してある銀行口座から自動で引き落とされることが一般的です。また、返済方法にも幾つかの種類があり、その内の一つのリボ払いは、設定された金額を毎月定額返済していく返済方法です。

このような便利なクレジットカードですが、基本的にはキャッシングサービスは使用しない方が良いと言えます。

その理由の一つに、金利が高く設定されているということが挙げられます。金利が高いと、返済総額が多くなってしまい、返済の負担が大きくなってじいます。

そのため、多くのお金を借りる場合、返済期間が長くなり発生する金利分の返済が多くなってしまうため、キャッシングサービスは利用に向いていないことがあると言えます。

携帯電話の支払い遅れも審査に悪影響があるって本当?

銀行や消費者金融などの金融機関が展開しているカードローンやクレジットカードですが、携帯電話料金の未払いがあると、その審査に影響が出ることがあります。

月払いに関する情報は個人信用情報機関のデータベースに送られており、ローンやクレジットカードの契約時に携帯料金などの支払いの滞納があるかどうかを確認します。

その期間が3ヶ月以上ある場合は、返済状況の項目に「異動」と記載され、返済能力があると判断されず、新規のローンやクレジットカードの契約ができないことになります。

データベースには最低5年間保存されるため、その期間中は審査そのものが通らなくなります。

携帯の機種を分割払いで購入する時に、2ヶ月以上の未払い期間があると、電話が利用できなくなる以外にも、未入金による料金滞納があることになり、その情報は24ヶ月間保存されるだけでなく、新規の各種契約がしにくくなります。

携帯の機種を一括で購入した場合には、未払い情報は対象外となります。

今のカードローンは即日融資が可能って本当?

最近のカードローンは「即日融資」が充実しています。インターネット広告や電車内広告などに「即日融資!」とか「審査時間30分!」なんて文字を見かけたことがあると思います。

もちろん、世の中に出回っている広告ですから間違いはないのですが、即日融資を受けるには「条件」が必要な場合もあります。

例えば、銀行の即日融資の場合であれば、その銀行の普通預金口座を持っている、もしくは開設の必要がある。

そのほか、14時までに必要書類を貸付側の会社が確認をして審査に通った場合など、時間に制限があることも。

また、土日は審査を行っていないカードローンの場合、即日融資は不可能・・・などなど、様々な条件をクリアした場合のみ、「即日融資」を受けられます。

なので、何も考えず、必要になったら申込みをして即日で融資をしてもらえればいいや!なんて考えない方がいいということです。

深夜2時にどうしても現金が必要になっても、審査を深夜2時に行ってくれる会社なんてありません。

でも、カードローンを先に申込みをしてローンカードを持っていれば深夜2時に現金が必要になったとしても、24時間営業のコンビニのATMから引き出すことだってできますし、24時間いつでも振込融資を行っている業者もあるので、そういった商品を選んで、1枚財布に忍ばせておくと、いざというときに役にたちます。

もし、今この記事を読んでいてローンカードを1枚も持っていないのであれば、すぐに自分に合ったカードローンを探し初めて申込みをしてください。そうすれば、備えとして持っておくことができます。

例えば、カードローン即日ガイドのようなサイトで自分にあったカードローンを比較して、申し込みをするローン会社を決めるのも良いでしょう。

カードローンは、入会料やその他発行手数料はかからない商品がほとんどですし、1枚ぐらい作ったこところで、クレジットヒストリー(信用情報)に傷がつくなんてことはありえません。

なぜ即日融資可能なカードローンが人気なの?

では、なぜ「即日融資」がそこまで人気なのかというポイントですが、お金が足りない!という状況って切羽詰った状況がほとんどです。

そういった人のために考えられたがのが即日融資です。

また、手続きがすぐに済むというのは、家族や友人、会社の同僚などに知られてしまうリスクが減るということです。

カードローンはだんだんと人気が上がってきてる商品ですが、未だに闇金融などの影がちらついて「怖いもの」「お金を借りるなんて」という意識が残っていてクレジットカードの様に普及していません。

カードローンは銀行が発行していて安心して使える商品もたくさんありますし、千円単位の少額で融資してくれる商品もたくさんあります。

お給料日までの3日間、少しだけお金が足りない・・・とひもじい思いをするのであれば3日間だけ2千円借入してしのぐことも可能な商品です。

返済日や返済金額、利用方法を間違えなければ、とても便利に活用ができますし、カードローンを利用すると将来住宅ローンや自動車ローンが利用できなくなるなんてありえません。

利用しても返済日を守り、延滞なく利用している分には逆に良いクレジットヒストリー(信用情報)がつき、この人はお金を借りてもちゃんと返せる人というポイントが上がることもあるので、不安がらなくても大丈夫です。

だからこそ、「即日融資」を利用してササッとローンカードを作ってしまい、お財布に忍ばせておくようにしましょう。

即日融資なら面倒な手続きもそんなにありませんし、何日もローンカード発行までに時間が掛かりませんので、思ったよりも手軽に作ることができますよ!

WEB申込のカードローンなら即日振込もOK

出来る限り早急にカードローンを利用して、借入を行っていきたいというのであればWEB申込がオススメです。WEB申込であれば、審査に通過すれば即日からでも振込をして貰うことが出来るのです。

基本的にWEB申込というのはどの銀行系のカードローンでも行っています。ですが、1つ注意しなければいけないのが審査の時間です。

銀行によってカードローンの審査の時間というのは違いがあります。早ければ数時間で審査を行ってくれる場合もあれば、数日の時間が必要となってしまう場合もあるのです。

もしもすぐに必要という人は審査にどれくらいの時間がかかるのかもチェックしておかなければいけないでしょう。

1つ気をつけるようにしなければいけないのが、複数の申込をすることです。急遽お金が必要となってしまったという人は、焦ってしまい複数のカードローンの申込をしてしまう人が多いのです。

もしもダメだった時の保険に複数申込を行ってしまうのですが、それでは逆に審査を通過することが出来なくなってしまいます。『申込ブラック』に該当することになってしまい、審査に通過することが出来ないのです。

何度も申込を行う人は信頼することが出来る人物なのか分からないと判断されてしまいますので、気をつけるようにして下さい。

先ずは1つのカードローンの申込を行ってから、次のカードローンの申込を行いましょう。

申込を行ったという記録もきちんと残ってしまっているので短期間に何度も申込をするのは危険ですので頭の中に入れて置いて下さい。

カードローンの審査に落ちてしまう原因は

カードローンを作る為には、審査を通過しなければいけません。ですが、カードローンの審査は消費者金融と比べると厳しく設定されています。

審査に落ちてしまうのには何かしらの原因があるのです。どのような原因で審査に落ちてしまうのかをご紹介します。

・他社の借入、住宅ローン

他社の借入があると審査に通過し難くなってしまいます。ローンが多い人というのは、金銭管理能力が低いと判断されてしまう可能性が高いです。

特に注意しなければいけないのが、借入件数です。借入の件数が多ければ多いほど、金銭管理能力が低いと判断されてしまうのです。

もしも今現在複数の借入を行っているという人は、出来る限り少なくするように意識しましょう。多ければ多いほど審査には通過することが厳しくなります。

・過去に延滞記録がある

過去に延滞記録が残っている人は、審査の通貨が厳しくなってしまうのは当然です。支払いに遅延があるかどうかは、審査の際に厳しくチェックされてしまいます。

過去に延滞があるということは、借入をしても延滞されてしまう可能性が高いと判断されてしまうのです。延滞記録は最低でも5年は信用情報機関に残ってしまいます。

もしも延滞した経験があるという人は審査を通過するのは厳しいでしょう。

・申し込みに虚偽の記載

カードローンの審査を通りたいという気持ちが先走りしてしまい、申し込みに虚偽の記載を行う人もいます。

申し込みの際の記入欄というのは、自分自身で記載するので収入などを本来よりも多く記載してしまう人もいるのです。

無理に大きく見せようとしても審査の際には直ぐに分かってしまいます。

このように、審査に落ちる原因はいくつかあります。自分自身が上記の点に該当していないか、一度確認してから申し込むことをおすすめします。